お茶の水・湯島の認知機能トレーニング

こんなときは?

  • HOME »
  • こんなときは?

 

最近、もの忘れが多いのですが。
年をとると人はだれでも物忘れが多くなります。ですので、年齢による変化かもしれません。ご心配な方は受診され、認知機能検査を受けられることをお勧めします。
認知症の初期症状としては、

物忘れ : 同じ話を何度も繰り返したり、同じ質問を繰り返す。数週おきに繰り返すような場合は年齢による変化かもしれませんが、同じ日のうちに何度も繰り返す場合は、検査されたほうがよいかもしれません。また1つの出来事を全く忘れているような場合(誰かと旅行に行ったこと自体を全く覚えていない、など)も同じです。

道を間違える : いつも通っている道が突然わからなくなったり、自分のいる場所がわからなくなることもあります。

認知症は予防できるのでしょうか?
認知症には予防できるものと、できないものがあります。動脈硬化や心臓疾患、糖尿病など、脳の血管の老化により起こってくるものは、もとになる疾患をきちんと治療することで予防できます。現在予防できないと考えられているものも、研究が進めば、予防も治療も可能になるでしょう。また、認知症は生きがいを失うことがきっかけで (例えば定年退職)始まることもあります。
『軽度認知障害』とはどういう症状なのでしょうか?

認知症の判定はMMSEや、長谷川式とよばれる認知機能検査の点数で表されます。
その点数が、認知症の判定基準にあてはまるほど低下していなくても、正常の人よりやや低いという場合です。

デイケア部門:お気軽にお問合せください TEL 03-6801-8717 お問合せの受付時間 9:00-15:00

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
ひだまりハウス
PAGETOP